養生テープ

台風10号 まだまだ余談が許さない状況であります。

窓ガラスの飛散防止対策として「養生テープ」が注目され、実施された方も多いかと思われます。また今後、近いうちに台風10号と同等の勢力を持った台風が発生し日本各地に影響を及ぼす可能性があるかもしれません。
ただ、「近いうちに発生するかもしれないので、窓に貼った養生テープは季節が終わるまでそのままにしておこう」と思われるかもしれませんが、過ぎ去った後は出来ればすぐに剥がすことをお勧めします。
養生テープはクラフトテープや布テープなどに比べれば粘着力が弱いです。
「粘着力が弱い = 貼った箇所の跡残りの可能性が低い」という構造になりますが、貼ってから時間が経つにつれ跡残りする可能性は高くなってきます。また直射日光のあたる場所や高温の場所は更に可能性が高くなります。窓ガラスはそのような場所に設置してあることが多いですので、お手間になるかと思いますが、都度の「貼る」「剥がす」の作業をお勧めいたします。